ATMS PMV NEW!

特許管理システム
複数特許の一括検討や外部パートナーとのクラウド上での連携を可能に!
徹底的な業務効率化と知財の戦略業務を実現。

PMVがわかるミニビデオ

再生時間: 3分
動画には音声が含まれています。ご注意ください。
Loading the player…

PMVミニビデオ

ナビゲーター
こちらのミニビデオで製品の操作
をご紹介しています。
製品導入のご参考にご覧下さい。
製品に関するのお問い合わせは
03-5542-7326
( 平日9:00〜17:30 )
製品に関するお問い合わせボタン

NEW ATMS PMV

製品・ソリューションに関するご質問はお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
03-5542-7326( 平日9:00〜17:30 )
WEBからのお問い合わせ

ATMS PMV

富士通と既存ユーザの実践知を融合による新たな特許管理システムへ

富士通社内システム ・海外出願業務 ・各国拠点連携 ・群管理
競争力拡大/他社差別化 ATMS PMV(新システム)
既存ユーザ要求(PM2000)・ワークフローの効率化 ・まとめフロー ・グループ会社連携
富士通知財の先行要件取り込み ・富士通知財の知見の反映 ・社内システムの実装機能を製品に吸収
既存ユーザの要望、個別要件取り込み ・主要ユーザとのあるべき姿の意見交換 ・既存ユーザ約100社の要望取込み

クラウドを活用した特許事務所との連携

富士通と既存ユーザの実践知を融合による新たな特許管理システムへ

[ お客様環境(オンプレミス)] 知財部門・発明部門より「書誌データ」「包袋」「費用」等のデータの登録、事務所への依頼
[ PMV ]データ連携 ・事務所への依頼から、データ連携を開始 ・メールでの連絡 ・連携後は書誌の更新内容、登録した中間履歴、庁書類などの包袋書類を相互連携 ・納品時に入力した費用データも自動的に連携
[ PROPAS (パブリッククラウド ] 「書誌データ」「連絡」「包袋」「費用」データを国内外の特許事務所に登録・納品
  • クラウドサービスを利用することで、特許事務所の追加、変更が容易に行えます(サーバ構築不要)
  • 特許事務所の入力情報が反映され、事務担当者の入力負荷の削減とデータ精度向上につながります。
  • 書誌情報に加え費用データも連携され、企業と事務所間の業務効率がアップします。

柔軟なワークフロー

・組織変更、業務プロセス変更に対応可能な柔軟なワークフロー定義 ・事前のルート定義は不要。導入時、稼働後のルート設計の負荷を大幅削減 ・これまでのお客様導入実績をもとに標準フローをパターン化
・フローコンセプト(ATMS) ー フローの柔軟性による業務変化への対応 ← 回送先や最終承認権限の最低限の設定をマスタで定義・利用時の回送先は利用者が都度、承認者を指定・組織変更やイレギュラーケースに柔軟に対応可能
・フローコンセプト(他社製品) ー フロー・プロセスの統一による業務標準化 ← 導入時にあらかじめフロールートを詳細に定義・ルートを変える場合は都度システム設定を管理者が変更・利用者はルートを意識する必要はないがルート変更の負荷が大きい

知財BI → 見える化

主な利用シーン アウトプット 機能概要 対象者
・知財部員の要員調整、作業割り当ての見直し 知財活動見える化 ・担当者の作業実績の表示
・担当者の今後の予定作業
知財部門
・知財の予算、費用計画の精度向上 費用シミュレーション ・マスタ情報をもとに知財費用をシミュレーション
・知財にかかったコストの内訳表示
知財部門
・発明者の知財に対する意識を高める 発明者ポータル ・関連する知財情報に簡単にアクセスできる環境
・関連する知財情報を分かり易く見せる仕組み
発明者
発明部門長
・知財戦略の立案、評価の指標にする 知財活動見える化 ・自社の知財活動を件数や伸び率で比較
・目標値(計画値)と実績値の比較
発明者
発明部門長

あらかじめ作成した群の観点で各情報を集計し可視化表示

作業負荷見える化 ー 担当者別の作業件数、作業リストの実績および予定を表示
費用シミュレーション ー 過去の費用実績に加え、費用単価と件数予測をもとに次年度費用を算出
・フローコンセプト(他社製品) ー 出願件数や外国出願率、登録率などの実績値の表示、目標値と比較
製品の問合せはこちら
PAGE TOP